トマト日和

夫婦で農業をするべく岐阜県飛騨市の山奥に引越し、日々トマトと格闘しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摘芯

大玉トマトの摘芯(てきしん)を始めました。



摘芯とは樹の一番上の芽を摘み取ることです。

今、早く植えた方の樹たちの天辺では10段目の花が満開状態です。


10段目が実る頃は10月末。

今年はその頃に収穫を終了する予定なので、10段以上の花は必要がありません。

上に伸びて行く栄養を今付いている実に行き渡らせるために、

一番上の芽を取ってしまい、これ以上伸びないようにします。




10段目にもなると、天辺までの垂直の高さは約2m。

R0012161.jpg



160cmの私には背伸びをしても手が届かず、このままでは摘芯作業ができません。




そこで、小道具・ハイシューを使います。

R0012163.jpg R0012172.jpg


使い方はとてもシンプル。

足をはめ込むだけ。

R0012164.jpg


これだけですごく背が高くなります。

160cmの私が190cmの長身になります。



樹に埋もれている私が→にょきっと頭一つ分飛び出します。

R0012173.jpg R0012165.jpg


このハイシューは私だけ使っているので、旦那さんを見下ろすようになります。

樹越しに旦那さんと目が合うと、「背、高っ!!」と吹き出されます。

たしかに・・・笑える。



でも、このハイシューのおかげで、私でも摘芯作業が出来ます。



天辺の花の、

R0012167.jpg

すぐ上の芽。(黒い点々っぽい部分)

R0012168.jpg



花の上の葉を2枚残して芽を取ります。以上。

R0012171.jpg



地味な作業ですが、とっても大事。

今付いている実が大きくなりますように。
スポンサーサイト

« クモ|Top|makita蛍光灯 »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://10mat.blog.fc2.com/tb.php/100-a7f0f443

Top

ホーム

noricken

Author:noricken
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。