トマト日和

夫婦で農業をするべく岐阜県飛騨市の山奥に引越し、日々トマトと格闘しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一段目ほぼ終了

収穫のため、8月から4時起床。

夏とはいえ外はまだ暗い。


やっとの思いで起き上がり、軽トラに乗り込みトマト畑に向かう。

夏真っ盛りだけど、早朝の風はまだ涼しい。



トマト的には、別に早朝に収穫しなくてはいけないわけではないのだけど。



山奥に住んでいるので、集荷所まで車で約45分。

集荷所の締め切りが午前9時。

収穫するだけで2時間半。

汚れ拭きで1時間。


逆算すると4時起きでないと間に合わない。


くー眠い。




約4000本のトマトの樹を二人で手分けして、一本ずつチェックしていく。

トマトのお尻が少ーしだけピンクくなっていたら収穫する。

コンテナ内で傷がつかないように、ヘタを切る。

一個ずつ汚れを拭く。


ここまでの作業が終わるころには、空も真っ青。

青空


セミの抜け殻も見つけた!


セミの抜け殻


収穫は大変な作業ではないのだけど・・・

1段目のピーク時、1日で約1200個。コンテナ数25個。

こんなに大量のトマトを見るのは初めて。

でも一つとして同じ形の物はない。


そして今日一番の美人トマト。

これは少し赤くしてから出荷する種類。

トマト

トマトは摘果をするため1段につき玉数3個。

単純計算でピークが3日は続く。


ここにきて1段目のピークが終了した模様。

今日の収穫はコンテナで8個。

2段目が色づくまでは収穫量も減少する。



でも ありがたいことに晴天続き。

すぐに2段目も色づいてくるだろうなぁ。




スポンサーサイト

« ミニ・フルティカ|Top|就農へ »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://10mat.blog.fc2.com/tb.php/4-2f4d1609

Top

ホーム

noricken

Author:noricken
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。